コンプライアンス

コンプライアンス

コンプライアンス経営を実現するための取り組み

オカモトグループは、企業理念體系(企業使命、経営理念、行動基準)を実現すべく、コンプライアンスに関する方針を策定し、狀況の把握、違反事象の発生の防止、発生時の迅速な対応を行うため、「コンプライアンス委員會」を設置しております。社長を委員長とする「コンプライアンス委員會」を定期的に開催し、コンプライアンス體制の整備および問題點の把握に努め、また擔當のセクションによる教育?啓発に努めております。法令遵守の徹底、社會倫理へ適合した行動を実現し、企業の社會的責任を果たしてまいります。

內部統制システムの基本方針

オカモトグループは、取締役會において內部統制に関する基本的な考え方を「內部統制システムの基本方針」として決定しています。當社は、同方針に従って內部統制システムを構築し、運用しております。

同方針の主な內容は以下のとおりです。

  1. コンプライアンスを経営の基本方針に掲げ、コンプライアンス委員會を中心として法令や企業倫理などの遵守を徹底すること
  2. リスクを適切に把握し、その特性に応じたリスク管理を行うこと
  3. 反社會的勢力との関係を排除し、公正な業務活動を行うこと
  4. 技術、顧客、株主等に関する重要な文書及び情報の管理を徹底すること
  5. 財務報告の信頼性を確保すること
  6. 監査等委員の獨立性を擔保し、実効性ある監査を確保すること

オカモト?ホットライン(內部通報制度)

オカモトグループは、オカモト?ホットライン(內部通報制度)を開設し、法令遵守上義務がある行為が行われていることを発見したときは通報しなければならないと定めており、社內の相談窓口として経営管理室內に、また、社外の相談窓口として弁護士事務所にそれぞれ設置をしています。通報內容への対応については通報內容を検討し、人事部長が內部調査を実施して、その対処を行います。